月夜の散歩

金色の月明かりの下、ゆっくりと散歩をするように・・・

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


夜がくる

2008.07.13




いつもと変わらない
煩雑な一日が終わるとき

陽は西に沈み
静かに月が微笑む

ほっと一息ついた私の前に
また、あなたを想う夜がくる

あなたに焦がれる夜がくる

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:14
スポンサーサイト


天の川で。。

夕空は暗くて
星の端っこさえ見えない曇り空

織姫と彦星は逢えたのでしょうか。

たとえ雲が邪魔しようとしても
引き合う二人には
なんの障害にもならないね

心から逢いたいと願うことがあれば
今夜、二人に向かって追い風が吹く

七夕の笹飾りの下
繋いだ手をもう一度握りなおして
また、歩いていこう

二人引き合う天の川で
優しい時間を共有したい
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。