月夜の散歩

金色の月明かりの下、ゆっくりと散歩をするように・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


出逢い

終わってしまった恋の残骸は
心の隅に小さくうずくまり
終わってしまった恋の記憶は
思い出と呼ぶこともできない

もう二度と恋なんかしないと
本気で思ったけど
イタズラ好きな神様は
あの人を連れてきた

金色に光るグラスと
細く立ち昇る煙草の煙
その向こうに
あの人の笑顔があった

真っ直ぐな視線と
優しい言葉に
私の決意など
風に飛ばされた風船のようだった

逃れられないのなら
追ってみようと決めた
私は私らしく・・・
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6
スポンサーサイト


きっと・・・知らない

Y 1

あなたはきっと知らない
私がどんなにあなたを恋しがってるか
あなたはきっと知らない
私がどんなにあなたを愛してるか

あなたはきっと知らない
伝える言葉は想いの半分にもならないことを
あなたはきっと知らない
逢えない時間の私の寂しさを

だけど

私はきっと・・・知らない
あなたが知っていることを
あなたも同じということを

             写真提供 Y
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5


メッセージ

大勢で飲んだ二次会に
みんなでなだれ込んだ
カラオケボックス

少し離れた席で
あなたが歌った歌

私の大好きなラブソング

歌うあなたの横顔に
視線が釘付けにならないよう
モニターの文字を追いかける

引き込まれないように
泣いてしまわないように
気を逸らしながら
追う文字とあなたの声に
ココロが震える

切ないラブソングは
祝福されない愛を詠い
溢れそうな想いは
二人の中に隠されたまま
大きく深くなっていく

あなたの歌ったメロディは
再び私を目覚めさせ
あなたの歌った言葉は
究極のメッセージになる

たくさんの人の前で
あなたが私だけに送る
愛のメッセージになる
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7


桜舞う夜に

細い月が笑ってる
こんな夜は耳を澄まして
風の音を楽しみたい

白く波が光ってる
こんな夜は遠く南から
花の気配を手繰り寄せる

薄紅色の蕾は
開く時を待ち
私は頬を染めて
あなたに逢える日を待つ

今はただ
満開の桜に想いを馳せる
桜舞う夜
笑顔のあなたに逢えるから



桜 3

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:11


愛することしかできない

照明


どんなに悩んでも
想いを断ち切ることはできない
私には忘れることはできない

だから
私は私にできることだけ
しっかりやり遂げよう

愛することしかできないから
他になにもできないから

ただ
あなたを愛し抜こう

ただ
あなたに付いて行こう
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:11


眠れないほど



雨


切なくて
せつなくて
セツナクテ・・・

儚くて
はかなくて
ハカナクテ・・・

そんな気持ちになったのは
罪を自覚してしまったから

罪を罪だと認識したから


  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4
続きを読む


水に映った太陽

Y


流れる水は
あなたの幻に似て
私の前を通り過ぎるだけ

木々の影は
一瞬の鮮やかさに憧れて
恋に身を焦がすだけ

水に映った太陽を
私は求め続ける
偽物だと気付かずに


                写真提供 Y
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


唇から媚薬

氷のように冷たい唇に
火を点けたのはあなた
ほんのり赤く頬を染めて
愛の言葉に耳を傾ける

言葉の全てが心を融かして
想いの全てが心に沁みて
溢れる想いを分け与えるように
優しく熱く指を滑らせて

口移しで飲ませられる毒に
心も身体も痺れていく
もうどうしても抗えない
後は落ちて行くだけ

あなたの唇から媚薬
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2


桜の季節に

桜の季節に初めて逢ったね

まだ、見知らぬ人のまま
会話も少しだけで
感じのいい人・・・
それくらいの印象だった

それから間もなく好きになったね

まだ、踏み込めないまま
遠慮がちに話して
また逢える?
そう言われて嬉しかった

新緑の季節も
太陽の季節も
落ち葉の季節も
綿雪の季節も

ふたりで一緒に過ごしたね

桜2


そして、
桜の季節に逢えなくなったね

雨の季節も
海水浴の季節も
木枯らしの季節も
氷の季節も

切ないほどの寂しさと過ごしたね

温かい風が吹き
柔らかい日差しに出逢えたら

桜の季節にもう一度逢いたい
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5


feeling

逢えない夜でも
あなたの想いが伝わるから
悲しくないよ

連絡のない日でも
あなたの想いに負けない想いがあるから
辛くないよ

少し寂しいときもあるけど
あなたの想いと
私の想いが繋がってるから

形のないものも信じられるよ

樹

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


あなたの中の海

海


海が見えるわ
あなたの中に
穏やかで深い海が
紺碧に輝いてる
太陽の光を受けて
キラキラと輝いてる
私だけに見せる
特別な輝きだといいな

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7


・・・夜



三日月


どうしても

あなたに
せたいがある



のかたち


                    写真提供 Y

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


オリジナル

ショーウインドーに飾られた
色とりどりの恋

どれが私に合ってるのか
試してみたけど

どれをとっても
その恋の向こう側に
あなたが見えなくて
途方に暮れた


どれを試してもダメなら
自分で作るしかないね

試行錯誤を続けながら
二人の恋を作っていく

二人にベストな恋
世界に一つの恋

あなたと私のオリジナル・ラブ
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:3

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。