月夜の散歩

金色の月明かりの下、ゆっくりと散歩をするように・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


出会えた喜びを噛み締めて

今年も残り1日になりました。

今年はブログを始めて
皆様に出会えたことが
一番の幸運でした。

皆様のコメントが栄養になって
少しづつ前に進めたと思っています。

私と出会ってくれて
心を分けてくれて
喜びを倍にしてくれて
悲しみを半分にしてくれて

『ありがとう』


来年も、どうぞよろしくお願いします。

ゆく年に出会えた感謝を
くる年に皆様の健康と幸運を
心より祈ります。

それでは
皆様、良いお年をお迎えください。

月子
  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6
スポンサーサイト


時を止めて

あなたの時計が真夜中を刻む

グラスの氷が融ける音と
細く立ち昇る煙草の煙が
二人の前に世界の果てを見せる

あなたとならどこまでも
あなたとならどこへでも

言葉は唇を離れることはなくて
あなたは心で言葉を聴いた


二人の心が明日を拒む

二人見つめあった瞳を
離したくなくて
繋いだ手を強く握る

もっとこのままで
ずっとこのままで

二人の間に流れる時を
両手を伸ばして掴もうとした

グラスの氷が弾けた瞬間
あなたは時計を腕から外した

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5


みなさん、ありがとうございます。

本日、無事10000回目のお客様を
迎えることができました。

みなさんの言葉を励みに
ここまで来れました。

ありがとうございます。

残念ながら
キリ番を踏んでくださったお客様は
分かりませんが、10000回目でも
それ以外の何回目でも大切なお客様に
違いはありません。

これからも、頑張っていきますので
よろしくお願いします。

みなさまへ
愛と感謝をこめて。。。


2006-12-26     月子
  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:9


あー、10000

気付いたらカウンターが・・・
9997でした。

10000が目の前に、迫って来るまで
気付きませんでした^^;

ぜひ、10000を踏んだ方
コメントを残してください。

よろしくお願いします。


誰かなぁ~~

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5
続きを読む


雪を降らせて

雪を降らせて
夢の中へ

二人だけの
夢の世界へ

トナカイに引かれたソリが
着地しやすいように

雪を降らせて
夜の底へ

あなたが降らせて
あの日の雪を

あの日と同じ雪を

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7


サイレント・イヴ

月も星もいらないから

あの人を私にください

そんな願いが叶うような

錯覚に陥る不思議な夜

恋人達の願いが叶う夜


あなたにも奇跡が降る

サイレント・イヴ

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:3
続きを読む


お先に恋心

私の中に芽生えた恋心が
あなたの心を動かしたの

どっちが先に好きになった?
もちろん私が先よ

そう信じてるんだけど


また逢いたいよ
一緒にいたいよ

先に言ったのはあなただから
おあいこね

同時に好きになったって
思ってていいわ


ホントは私が先だけど

あなたに譲ってあげてもいいわ

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


いつものあなたがそこにいた

人ごみの中
見慣れた白いダウンジャケットの
あなたの姿を見つけた

久しぶりに見たあなたは
とても疲れた顔をしてた

心臓を摑まれたような気がしたけど
明るい声で話しかけたかった

外は初雪の名残に
人は皆コートの襟を立てて歩くけど

あなたを見つけた私の心は
春のように暖かかった

そっけない態度と
ぶっきらぼうな口調で
私の体調を気遣ってくれた

いつものあなたがそこにいた

疲れた横顔を見つめながら
ほんの少しの世間話で
あっと言う間にタイムアウト

小さな声で「じゃぁね」って
思い切って背中を向けたね

久しぶりに聞いたあなたの声を
耳の奥に閉じ込めて

一歩踏み出したときから
涙が止まらなかったけど

いつものあなたがそこにいた


ただひとつ確かなこと

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


雨音

いつの間にか降り出した雨の音が
あなたの声を消さないように
そっとあなたに寄り添った

「どうしたの?」
瞳で問うあなたに
「なんでもないわ」
と答えながら
あなたの頬に口づけたら
あなたは私を抱き寄せた

二人の間には
音さえ入る隙間がなくなったから

もう、雨の音は
あなたの声を消せはしない

二人の愛を消せはしない

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


色物バトン?

NANAさんのところから
お持ち帰りしました。

色物バトン?らしいです。

因みに、NANAさんのイメージでは
私はピンクなのですって^^

恋する乙女のピンクで~す(笑)


それでは、どうぞ~


  1. 未分類
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7
続きを読む


二人だけのX'mas

恋人たちの
夜を彩るイルミネーション
二人の世界に
色とりどりの光の華
窓に映る二つの影が
やがて一つに融けていく

軽やかな鈴の音と共に


恋人たちの
冬を彩る粉雪
二人の世界を
照らすような小さな天使
耳元で囁く愛の言葉が
やがて心に積もっていく

密やかな鈴の音と共に

二人だけのX'masの夜に
鈴の音が聴こえる夜に

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


恋金魚

あなたという水槽の中
ゆらゆらと泳ぐ私
恋金魚

水槽の外の世界も見えるけど
水槽の外から眺められたりするけど
ここから出たくはないのよ

水槽に憧れて
赤く染まる私
恋金魚

居心地のいい温かい水の中
誘うように着飾る私
恋金魚
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


余韻

あなたの
手の温かさ

あなたの
腕の力強さ

あなたの
瞳の優しさ

あなたの
指先の甘さ

あなたの
唇の熱さ


忘れてないわ
ずっと覚えてる

今でも私の中に残ってるから

あなたの余韻に浸ってる
そして、あなたに溺れてる


  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:10


愛をありがとう

信用してるの
あなたの愛を

信頼してるの
あなたの人柄を

アイシテルの
あなたの全てを

感謝してるの
あなたの愛に

私の限界を察知して
時には厳しく
時には優しく
言葉をかけてくれる

私はいつも
その心に救われてるから

私は全力で
その心に答えたい

頑張るからね

私は言葉で
その心に伝えたい

愛をありがとう

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


December

カレンダーは最後の1ページ
今年の初めからもう一度見返す

あなたと逢える予定のはなまる
春からはひとつもなかったよ

あと何ページめくれば
はなまるが見つかるのでしょう

はなまるだらけの
来年のカレンダー

どこかに売ってないかな・・・

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4
続きを読む


雪の季節が

紫色の空から
まるで天使たちが踊るように
ふわりふわりと舞う雪が
冬が嫌いな二人の
髪に触れては融けてゆく

二人寄り添って見る雪は
意外なほど綺麗で
驚くほど静かで

空を見上げる私の手も
私の肩を抱くあなたの手も
凍えそうなほど冷たいのに
交わした口づけの余韻で
唇だけは燃えるように熱かった

冬は嫌いだけど
二人でいられるなら・・・
とあの日微笑みながら言ったね


もうすぐ、雪の季節がくるよ

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5


愛の輝き

足音さえさせずに忍び寄る
雪の気配に怯えて
欠け始めた月を
窓も開けずに眺めている夜

透明な静寂に包まれながら
あなたの愛が
私の中でキラキラ輝く

七色の光を放ちながら
どこまでも遠くを照らす

私の心を導くように

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7


バスルームからあなたへ

あなたがくれた言葉を
噛み締めながらの
バスタイム

お気に入りの
リンゴの香り
黄緑色のお湯

優しい香りに包まれて
ゆっくり、ゆったり
気持ちをほぐす

ぶっきらぼうだけど
温かい言葉を
何度も何度も思い出す

どんな石鹸にも
洗い流せない
優しい気持ち

ホントに、ホントに、ありがとう

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


取り戻したい想いを。。

色を失くした世界で
ひとりぼっちでいても
寂しくない
悲しくない

想いを置き去りにして
なんとか平常心を保ったけど
辛かった
苦しかった

開放されて日常に戻り
気付けば感情が遠くにある

私が私でないみたい

早く取り戻さなきゃ
想いを掴まなきゃ

やっと涙が一粒流れた

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:1
続きを読む


ごめんなさいね。

私のところを覗いてくださる方
色々なコメントを残してくださってる方へ

考えることが多すぎて
レスさえ書けないでいました。
ごめんなさい。
もう、
2日程このまま待っていてください。
そして、
復帰したとき、また覗いてやってくださると
小躍りして喜びます。

ここを乗り切ったら
また、頑張りますので
これからも、どうぞ
よろしくお願いします。

2006.12.01     月子
  1. 未分類
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:3

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。