月夜の散歩

金色の月明かりの下、ゆっくりと散歩をするように・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


わたしの帰る場所

別々の場所で
仕事に励んだり

あなたの知らない人と
遊びに行ったり

あなたと違うこと
考えてたり

そんなふうに
接点なく過ごしても

あなたがわたしの
帰る場所

早く帰りたいと
願う場所


  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7
続きを読む
スポンサーサイト


あなたの香りに

あなたの香りに
包まれていたいから

あなたの残していった
あなたのシャツを抱き締めて
今夜は眠りに就きます

あなたの香りに
抱かれて眠ります


  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:8


激情

伝えたいのは
私の愛
確かめたいのは
あなたの愛

ワガママなのは
二人の恋
淋しいのは
一人の夜

求めているのは
激しい想い

そう、激しい想い

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:3


リアル

あなたの寝顔に
そっとくちづけ
アイシテルと呟いたり

ひとつのカップの珈琲を
かわりばんこに
二人で飲んだり

星屑が降るような
夜空の下を
手を繋いで歩いたり

寒さに震えながら
白い闇の中
抱き合ったり

そんなリアルをください

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4
続きを読む


思い出してくれたら。。

きっとあなたは
忙しさに埋もれて
風の冷たささえも
知らずにいるね

きっとあなたは
疲れに飲まれて
夜の淋しささえも
忘れているね

心のどこかに
私の場所はありますか?
私の姿が見えますか?
私の声が聞こえますか?

今は忘れているでしょうけど
忙しさから開放されたとき
一番に思い出してね
待ってるからね


疲れ果てて帰ってらっしゃい
その疲れは
私の笑顔で癒してあげるから
両腕に抱いて眠らせてあげるから

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5
続きを読む


私の中のオンナ

あなたといると
私の知らなかった
私を発見する

こんな私でも
オンナなんだよね
あなたの前では

いいとこばかりじゃないけど
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:10


これ以上・・・

もうこれ以上
好きになることなんて
出来ないくらい
最大級の「好き」なのに

想いはどんどん膨らんで
まだまだ大きくなろうとする

どこまで大きくなるのかな
限りなく大きくなるみたい
どうやら「好き」は無限大

無限大の「好き」を
私からあなたへ贈ります
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:9


気紛れ?

忘れた頃にあなたがくれる

「おやすみ」って

たったひとことのメール

そのひとことで

私がどれほど幸せな気分になるか

あなた分かっててやってるの?
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


ふたりなら大丈夫

こんな風の強い季節は
お互いを守るように
しっかりと抱き締め合おう
想いが飛ばされないように

こんな冷たい雨の季節は
肩と心をを寄せて
ひとつの傘を分け合おう
想いが濡れてしまわないように

こんな寒い雪の季節は
お互いを温めるように
手と手を握り合おう
想いが凍えないように

冬が手招きしてる白い朝には
ふたりで想いを温め合おう
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:10


ひとりよりふたり

ひとりの時間が
好きなわたしが
ひとりより
ふたりでいたい
と、思うのは
あなたに出逢って
あなたを愛したから

毎日24時間
一緒にいたい
たとえ
背中合わせに
過ごしたとしても
そこにあなたを感じてる

そんな時間が愛しい

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5
続きを読む


tonight

抱き締めて欲しい夜も
ひとりあなたを想っているの

こんなに寒い夜には
あなたの温もりがなきゃ眠れない

早く帰って来て
私が夜に沈む前に

今夜も独り言ばかりの夜

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:8
続きを読む


わがままなふたり

頼りないほど細い糸に見えるけど
どんな太いロープにも
負けない強さを持ってる

あなたとわたしを繋ぐ糸

いつもは白い花びらだけど
どんな華麗な花にも
負けない鮮やかさで咲く

あなたとわたしの愛の花

ふたりにとって最高の
ふたりにとって最大の
ふたりのとって最深の

そんな愛であればいい


  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5
続きを読む


愛を言葉で

甘い言葉を欲しがるなんて
似合わないよね
甘えさて欲しいなんて
信じられないよね

誰でもいいという訳じゃない
あなたじゃなきゃいらない

甘い現実が欲しいなんて
ありえないよね
甘い時間を欲しがるなんて
驚くよね

だけど

弱いハートを抱えた
ただの女よ私も
忘れていたけど

ねぇ聞かせてよ
あなたの声で
ねぇ教えてよ
愛を言葉で

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7


冷たい雨の降る場所で

冷たい雨が心を濡らす
凍らせようとするかのように

このままじっとしていたら
雨と一緒に流れてしまう

だけど一歩も動けない
それはわたしのワガママでしょうか

あなたの気持ちが分からない
あなたの気持ちが伝わらない

心を閉じたのは私でしょうか
心を閉じたのはあなたでしょうか

私の気持ちが伝わらない
私の気持ちが伝えられない

動けなくしたのはあなたでしょうか
動かなくしたのは私でしょうか

この冷たい雨は
あなたの上にも降っていますか
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


別の見方は、できませんか。

あぁーー
タイムリーな質問です。

できる、できるんですけどね。
たまに、できないときがあるんです。
本当は、できるんですよ。
いつもは、できるんです(しつこい!)

メジャーなイメージで捉えたことは
素直に受け止めて
マイナーなイメージで捉えたことは
別の方向から見るようにしてる。

でもね、
なんだろ?
変な感覚が、頭から抜けない。
そんなときがあるのです。

そんなときは、どこから見ても
同じに見えるんだよね。
自分で出口を塞いでるのかもしれない。

出口を見つけられないときは
第三者の意見を
聞いてみればいいのかな・・・
助けを求めればいいのかな・・・

私の課題はそこにある。
・・・ような気がする。

  1. アンサー日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4
続きを読む


一粒の涙

バラバラになった感情を
元通りに組み立て直すなんて
頭と心で考える作業
今の私にはできないの

ポロポロ落ちた心の欠片を
探して拾うなんて
気の遠くなるような作業
今の私にはできないの

時間が過ぎて行くのを
追いかけることもできずに
黙って見つめているだけ

胸の辺りがスースーするのを
塞ぐこともできずに
黙って目を閉じているだけ

なのに、一粒涙が零れた
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


月は輝きを増していく

欠けたり満ちたりを
繰り返す月は
まるで乙女の恋心

想い人のひとことで
浮いたり沈んだり
大忙しの恋心

いつも笑顔でいたいのに
たった一日で形を変える

可憐な恋心を抱く乙女達の
願いが今夜も聞こえてくる

小さな星達に彩られるように
乙女達の願いを受けて
月は輝きを増していく



  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:10
続きを読む


わたしだけのあなた

優しい笑顔も

甘い言葉も

真剣な眼差しも

熱い唇も

みんな、みんな

私のもの



真面目なところも

意外とお茶目なところも

思いやりの気持ちも

愛も

みんな、みんな

私のもの



あなたのすべて

私だけのもの

  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6
続きを読む


恋の逆転ホームラン

好きになることを
怖がっていた私に
先に手を差し伸べてくてたのは
あなたでしたね

一歩踏み出すことを
怖がっていた私に
先に告白してくれたのは
あなたでしたね

なのに今では
私ばかりが追いかけてる
逆転したのは
いつからなの?

悔しいから
もう一度狙ってるのよ

逆転ホームランを狙ってるの
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


子猫のように

子猫のように丸くなって
あなたの膝で眠りたい

ぽかぽか陽気
秋の日の昼下がり

一緒にお昼寝とか
できればいいな

子猫のように無邪気に。。

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:7


あなたの海に・・・

永遠に
幸せの中を
漂わせて欲しい
簡単なこと
あなたが
永遠に愛してくれればいい
たったそれだけでいい

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5


わたしの心を震わせて・・・



「毎日、鬱陶しいほど思い出してるよ175175


  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:8
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。