月夜の散歩

金色の月明かりの下、ゆっくりと散歩をするように・・・

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


「心の風景」

すご~~~く久しぶりの更新になってしまいました。
ご無沙汰しておりますが、みなさまお元気でしょうか。

みなさまのブログにも、お邪魔していなくてごめんなさい。


さて、今日は少しお知らせを。

2月15日に、日本文学館からオムニバスの詩集が出版されました。
126人の詩人さんが、一人一編ずつ詩を書いています。
今回またご縁があって、私の詩も載せていただくことになりました。
その本が、私のところへも届きました。
いろんな方たちの、いろんな感情が表れています。
どこかで、お手に取る機会がありましたら、
私、雨宮月子が18ページでお待ちしておりますので
目を通していただけたら、小躍りして喜びます。

もしも、購入して読んでみたいと思われる方がいらっしゃいましたら
書店で取り寄せていただくか、
楽天ブックス
クロネコブックサービス
セブンアンドワイ
amazon
でも取り扱っています。


「詩集  心の風景」   日本文学館編集部・編
ISBN978-4-7765-2257-7 C0092   \1500


目には見えない「心の風景」を感じていただけたら嬉しいです。
  1. 未分類
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:5
スポンサーサイト


木枯らしの吹く夜でも。

心に木枯らしの吹く夜が

繰り返し訪れる

ただ抱き締めて欲しいと

叫ぶ涙に沈む

暗い海は静かに揺れて

色のない雲は月を隠してしまう

だけど

あなたを呼ぶ私の声は

どこにいてもあなたに届いて

春のそよ風のように

優しく温かい声で

あなたが答えてくれる

心に木枯らしの吹く夜が

何度訪れようとも

あなたの愛は私の周りで息づいている



  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:10


欲張り

こうして

一緒にいられたら

何も要らないと

思うほど幸せなのに

どうして

ひとつずつ

欲張りになるんだろう

ずっと

一緒にいることさえできない

現実を忘れてしまうんだろう
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


幸せにしたい

あなたを幸せにしたい

私がいなくても
あなたは幸せだと思うけど
私といれば
もっと幸せじゃない?

あはは
自分で言うか?ふつう
ホント
おかしいよね

でも、
あなたをもっともっと幸せにしたい


心からそう思うの


  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:12
続きを読む


夜明け

いつか
二人で迎える朝に
幸せを分け合いましょう


そのとき
あなたはなんて言うかしら


そのとき
私は笑顔で答えるはず


「お・は・よ・う。」




あっ、
今吹いた風に
雨の気配が忍んでいるわ



  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:9


未来

あなたが選んだ道なら

どこまでもついて行くわ

愛が冷めないように祈りながら



ただ、あなたを見つめながら


  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


今夜も声を聞かせて

私の呼びかけに答える声は優しくて
私を安心させる

私に呼びかける声は甘くて
私をドキドキさせる

いつも私をからかって
あはは・・と笑うあなたの声が
私の心に響き渡る

長く熱いキスのあと
愛してる・・と囁くあなたの声が
私の心に浸透する

だから今夜も
あなたの声を聞かせて

少し切ない声で
私の名前を呼んで
  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:8


expect

なにも言わなくてもいいわ

言い訳はいらないし
嘘はもっといらない

雨の夜だから少し寂しいだけ



なにも言わなくていいわ

私からは聞かないし
無理に求めない

あなたの誠実さはよく知ってる



黙って今日も待ってるわ

優しさなのか
気まぐれなのか

たった一言「おやすみ」を
  1. tsukikoのひとりごと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:4


ありがとう。

私はあなたがいないと
生きていけないこと
あなたが一番よく知ってる

あなたが愛しているって言葉を
飲み込んでいた頃から
ふたりは同じ未来をみてた

私があなたを
あなたが私を

想い合えるふたりでいられることに
今日も「ありがとう。」

あなたに「ありがとう。」

  1. 詩のようなもの
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:11


LIFE

なんだか突然、
こんなこと書いてみました。

恥ずかしくなって、
記事を削除するかもしれません。




  1. ココロの風景
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。